水漏れ対策と点検による早期発見

水漏れ対策と点検による早期発見 近年、自然災害が猛威を振るいライフラインが途絶えてしまう地域が発生しています。中でも水道は命に係わる大切なライフラインです。かつては、停電が水道を止めてしまうことはありませんでした。しかし、現代の高層ビルなど水をポンプで屋上のタンクまで運んでいるようなところでは停電による断水も起きています。
そんな水道のメンテナンスやトラブル対処の方法を知っておくことはとても重要です。いざというときに慌てなくて済むからです。家庭内における水道 修理が必要なトラブルでメジャーなのは水漏れです。少しの水漏れだからと言って油断してはあとあと大変なことになりかねません。水漏れの種類によって引き起こされるトラブルを紹介します。

■上水道側の配管からの水漏れ

現代の住宅では水道管が壁や床下などに隠れていて水漏れが起きていても発見しづらいところが主流です。住宅デザインの重要度が高い現代において水道配管がむき出しのところは少なくなっています。このような状況で水漏れが起きると住宅を構成している部位に腐食などを引き起こす可能性があります。構造上大事な柱や梁が水分を含むことによって腐食が進み気が付いたときには住宅構造の工事が必要になり大きな出費が生じてしまうかもしれません。
こうなってしまうと水道 修理と大工工事をせざるえませんが、そうならないよう早期発見が重要になります。まず大切なことは配管の通り道を把握することです。建物の設計図などで確認できます。設計図が見当たらない人は床下を確認してください。上水道の大元と水道設備の位置関係を把握することで大体の通り道が予想できます。ときどきその個所に神経を配って置くことが早期発見につながります。

■下水道側の排管での水漏れ
下水道側の排管は上水道以上に隠れていることがほとんどです。生活排水の通る管が人目に触れることを避けるためです。戸建て住宅では床下を通っていることが多いです。床下での漏れは水分が直接地面へ落ちている分には大事に至らないことが多いです。しかし、住宅構造の木材部分に排水がしみ込んでいると上水に比べ腐食が進むのが速くなります。それは、排水にはさまざまな物質が混ざっているため菌が発生しやすくものを腐らせやすくなるからです。
この場合も早期発見が大事になってきます。上水道同様、排水管の通り道を把握しておくと良いでしょう。住宅の設計図で確認できなければ床下の点検口を探してそこから覗いてみてください。上水の金属配管とは違い少し太い塩ビのパイプが主流です。配管の位置関係から水漏れが起きても材木を濡らす心配がなければ安心ですが、ときどきは確認することをお勧めします。

■水道設備での水漏れ

水道 修理を真っ先に感じるのが水道設備での水漏れではないでしょうか。設備内部での漏れは素人ではどうしようもありません。すぐに水道の修理業者へ依頼するのがトラブル回避のベストな選択です。特に、電気を使う設備では漏電が起きそれが原因で様々なトラブルが誘発されかねません。感電するぐらいの漏電が起きないとも限りません。家庭用の電圧で瞬時に感電死にまで至ることは多くはありませんが、心臓に疾患のあるかたや高齢の方などは細心の注意が必要です。
水道設備内で水漏れが疑われる場合は決して素人判断で対処してはいけません。すぐに水道の修理業者へ連絡しましょう。修理業者が来る前に電気を使う設備であればコンセントを抜いておいてください。また、火を使う設備であればガスや灯油などの元栓を締め消火されている状態にしておきましょう。

■まとめ
大切なライフラインである水はまさしく命をつなぐものです。水漏れのトラブルは決して軽視できるものではありません。ちょっとした水漏れがあとで取り返しのつかない事態に発展するかもしれません。そうならないように日頃から水道の状態にアンテナを張っておくことをお勧めします。そうすることで異常を早期発見でき水道 修理をいち早く行うことができます。そのような時のためにも今から修理業者を選定しておきましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース